ちゃんと染められる?

「利尻ヘアカラートリートメント」の口コミを見ると、「よく染まった」「あまり染まらかった」など相反する感想が寄せられているようです。初めて購入を考えるにあたってこのような評価を見ると、本当に「染まらない?」と不安になる方もいるでしょう。

 

「染まらない」というコメントを調べてみると、多くの方がヘアカラーと比較しています。市販の白髪染めのほとんどがヘアカアーで、基本的に2つの液を混ぜて使用します。容器から1つの混合液で出てくるものもありますが、原理は同じです。第1液が髪の表面層「キューティクル」を開いて、そこから髪の内部に入った第2液が髪本来の色素を壊して脱色し、第1液が着色料を浸透させるという方法です。

 

利尻ヘアカラートリートメントはヘアカラーではなく、ヘアマニキュアと同じ染色方法です。ヘアマニキュアは、キューティクルが傷んだ髪を保護しますが、白髪染め用にはそれに色素を加えています。髪の外側に色を定着させるのですから、色落ちがしやすく、発色も一度の使用ではヘアカラーに勝ることは難しいのです。二度目あるいは何度か使ううちに思い通りに染まったという感想が多いのもこのためでしょう。

 

また、普段使用しているシャンプーやリンスなどの影響で染まりにくいことがあります。通常店頭に並んでいるシャンプーやリンスの大半がシリコン剤を含んでいます。これらは髪の表面を滑らかにする一方で、キューティクルまでコーティングしてしまいます。ヘアカラートリートメントは髪の内部まで入り込まずに表面を覆うのですが、それがはじかれてしまうのです。白髪をしっかりと染色するためには、ノンシリコンシャンプーに切り替えるとよいでしょう。

利尻ヘアカラートリートメントなら

利尻ヘアカラートリートメントは10分でキレイに仕上がる

ご注文はこちらから

ご注文はこちらから